成果報酬型 SEO対策.net | SEOキーワード見積もり > seokiso > SEO会社 > モバイルフレンドリーなサイト作り

モバイルフレンドリーなサイト作り

2016-01-25

 

スマホサイトのサイトへの流入数が非常に増えている昨今、レスポンシブなスマホ用に最適化されたサイトへの移行は主流になりつつあります。

具体的な事例でいえば、飲食やサービス産業などは、外で近くの店舗などを見て、すぐに問い合わしたり、来店したりするので、顧客目線にたてば、簡単に分かりやすくアクセスできるホームページの方が好まれる傾向にあります。

 

ただ、ここで注意しなければいけないのは、特にBtoBの事業を展開されている企業などは、そこまで早く、モバイル用のサイトの構築を急ぐ必要はそこまではないということです。ほどんどのそのような企業の顧客は、内容をじっくり見て、納得してから問い合わせしたいので、より内容が充実しているサイトを好みます。PCサイトであれば、十分に訴求できる内容が充実している場合多いので、現状のままで良いケースも多々あります。

 

スマホ用のサイトの構築は急ぐ必要はありませんが、Google側も、モバイルフレンドリーサイトを推奨はしていますので、じっくり考えて、今後どのようなモバイルサイトが一番いいのか考えていくのがいいでしょう。 

 

また、モバイルフレンドリーなサイトは、今後は検索結果の順位に影響を及ぼすのではないかと考えられてもいます。SEOの視点からは、現状は、若干の加点ポイントとなっている程度かとは思いますが、その重要性は、さらに増してくることでしょう。

 

モバイル最適化と内容の充実の両立はかる方法の一つとしては、モバイルサイト用に、簡易な内容でアクセスしやすいページを作り、そして、モバイルから来訪された方を振り分け(ユーザーエージェンシーなどで判別)、そして、その内容に物足りなさを感じたユーザーのことも考えて、モバイル用サイトのフッターかヘッダー付近に、『より詳しい内容を知りたい方は、PC用サイトでご確認ください』のような、PCサイトに切り替えるボタンを付けることでも、ユーザビリティーは向上できるかと思います。

 

現状各社、模索している最中ですが、今後、スマホサイトの重要性がさらに増していくことは、間違いありませんので、予算、目的に合わせてプロのWeb制作会社に相談するところから初めてみることもいいかもしれません。その際には検索エンジン対策のことも十分に熟知している成果報酬SEOサービスを提供している会社にお願いすると、リーズナブルな価格帯で構築してくれるところもたくさんありますのでオススメです。

 

smapho011

 

Copyright© 2016 成果報酬型 SEO対策.net | SEOキーワード見積もり MIERU All Rights Reserved.